アトラス心クリニック
アトラス心クリニック 医院紹介 院長紹介 診療時間アクセス
社交不安障害

社交不安障害(SAD)は他人から注目を浴びるかもしれない状況や行為に対し、著しい持続的な恐怖感を抱き、その状況を回避したり強い不安や苦痛に耐えなければならない病気です。大勢の前でスピーチをするのが苦手で不安を感じる、初対面の人に挨拶するのが恥ずかしい、などは日常誰もが経験するところですね。ところがこのような状況を避けようとして学校や会社に行けないほどになっている、など日常生活に支障をきたすようになると、これは病的な状態です。SADは特別な病気ではなくアメリカでは7-8人に1人がこの病気で苦しんでいるといわれています。

社交不安障害の症状
社交不安障害(SAD)の方が恐怖や不安を感じる状況にはさまざまなものがあります。人前で食事ができない・人々の注目を浴びるのが怖い・人前で字が書けない・初対面の人に会う、話をすることが苦手・公衆トイレを使用する・人と目を合わせる・偉い人の相手をするのが苦手(まあこれは誰しもあまり好きではないですね)といった状況におかれると身体にさまざまな症状があらわれてきます。手足の震え・動悸・吐き気・声が出ない・息苦しい・顔が硬直する・頭が真っ白になる・めまい・声が震える・尿が近い、出ない・などの生理的反応が現れやすくなります。
社交不安障害の原因
社交不安障害(SAD)は単なる「内気」や「恥ずかしがり屋さん」とは異なる、治療可能な疾患です。性格の問題ではありません。原因の詳細はまだ解明されていませんが、セロトニンやドパミンなどの脳内の神経伝達物質のバランスが崩れ、神経が過敏な状態におかれると発症するといわれています。

パニック障害と異なる点は「大衆からの注視」を受けている場合に出現するということで、1人でいる時や人前で予期せず突然起こるパニック発作とは違います。

社交不安障害(SAD)は上記のような状況を回避する結果、日常生活のさまざまな場面、学歴・就労状況・収入・結婚生活などにおいても支障をきたす可能性が高くなります。また、大学の卒業、職場での昇進する率が低いことも報告されており、社交不安障害(SAD)によってその人本来持っている力が発揮できずにいることも示唆されています。

社交不安障害の治療

治療方法ですが、薬物療法と認知行動療法などがあります。恐怖や不安を取り除き、その恐怖や不安を感じる状況を回避する行動を減らすこと、そして日常生活を改善・向上させ、その状態を維持していくことが治療の目的です。社交不安障害(SAD)の治療薬であるSSRIは服用を始めて1-2週間後に効果が出始め、3-8週のうちに症状が次第に改善していきます。副作用は飲み始めの1週間で現れることが多く、その後は軽減していきます。すぐに効果がでない、副作用が出たといってあきらめないでください。症状が改善してもしばらくは(1年程度)は服薬の継続が必要となりますので通院継続も大切です。社会生活や人間関係における障害は、患者様を非常に無力にさせ解決策を見いだせない状況に追い込み、複数の精神疾患が併存する(多くはうつ病)病態を作り出してしまうという大きな問題があります。そして患者様は症状の緩和にアルコールや薬物が効くような気がし、依存傾向が強まり乱用にいたるような場合もあります。

日本国内においては、社交不安障害(SAD)に対する認識がまだ低いのが現状ですが、潜在的には相当数の患者様が治療の状態にあると考えられます。疾患に対する理解を深め、この疾患に悩んで社会活動が著しく阻害されている患者様のためにも、一人でも多く適切な治療がおこなわれることが、望ましいと考えております。

HOME 医院紹介 院長紹介 診療時間 アクセス
女性外来 漢方薬 ビタミン注射 サプリメント外来
Copyright 2010 atlas kokolo clinic All Rights Reserved.


HOME スタッフ紹介 診療時間 アクセス 医院紹介 他の病気の解説を見たい